事業内容

  1. トップページ
  2. 事業内容
  3. サポート体制

サポート体制

機器の信頼性、顧客との信頼関係を深めていくうえで メンテナンスサービスはきわめて重要なカギになる。

信頼関係をつくるメンテナンスサービス

   バスの搭載機器は車両の更新時期まで長く使いたいというのがバス事業者の考えです。長期間使っていくためには、適切なメンテナンスが必要になります。しかし、機器の機能が拡大し、高度化していることから、顧客自身がメンテナンスを行うのが難しいという現実があります。
   搭載した機器の信頼性、顧客との信頼関係を深めていくうえで当社が提供するメンテナンスサービスはきわめて重要となります。

顧客情報を収集、集積する窓口

   業界全体では、保守部材の確保や保守技術の継承が年々難しくなっていますが、当社はメンテナンスサービスを戦略的顧客リレーションの一環と位置づけ、サービス要員の育成制度の整備、多岐に亘るサービス活動を集約したデータベースの構築、インターネットを活用したメンテナンスサービス活動を展開していきます。さらにサービス部門で収集、集積された修理情報や顧客情報を、随時、技術部門へフィードバックしており、今後の当社の製品開発に向けた貴重な情報として活用しております。このように、メンテナンスサービスを単に保守部門の問題としてとらえるのではなく、全社的な取り組みとして重視しています。

営業社員もメンテナンスがこなせる

   営業部では全国の顧客を巡回し、製品ニーズだけでなく納入した製品が正常に機能、またワークしているかのメンテナンス情報も収集しております。ここで収集した情報はサービス部門へ展開するだけでなく、営業部門のノウハウとしても蓄積しております。この結果、営業部の社員でも機械のメンテナンス作業がひと通りこなせるようになるなど、戦略的顧客リレーションの考え方を具体的に実現しています。
   また一方で、当社には前身の小田原鉄工所の時代から培ってきたものづくりの伝統があります。製品寿命が長く、信頼性の高い製品を送り出すことで、購入時は多少高額でも、長く使用する間に保守メンテナンスに手間がかからないことから、価格競争に影響されない製品供給を実現しています。

ページトップ