事業内容

生産

受注から開発、生産、メンテナンスサービスまで、 その一切を当社グループで完結。

短い納期で市場へ製品投入

   当社の顧客満足度の高さは、受注から開発、生産、メンテナンスサービスまで、その一切を当社グループで完結できるところにあります。その製造部門の柱は生産子会社であるオーバルテックです。同社は内製化強化のために1999年に設立され、当社が材料を供給して、製造を委託するという流れになっています。
   組立て、保守サービスの一貫生産体制のもと、短い納期で市場への製品投入のノウハウを蓄積しています。
   当社の製品群は大まかに運賃箱関連、カード機器関連、その他のバス用機器に分類できますが、多品種少量生産という特性を持つ当社には、コスト管理の難しさがついてまわりました。しかし、製造子会社であるオーバルテックでは、独立採算意識を高めるとともに製造の標準化及び多能工化により、コスト競争力の維持向上に努めています。

高度な製造技術の伝承

   ワンマンバスやワンマン電車の使命には、安全な輸送、ダイヤ通りの運行及び正確な運賃収受があり、当然、当社の製品も操作性、処理スピード、分かりやすさ及び正確な動作などをもって、この使命をサポートする重責を担っております。さらに車内に置かれた機器は急激に変化する温度や湿度、電圧変動や静電気の発生、また振動やほこりなどの過酷な環境に耐え、且つ10年間以上に亘り、使用に耐え得る信頼性のある製品が要求されます。
   このような製品を安定的に製造するためには、製造技術や製造ノウハウの蓄積が最も重要であることと認識して、OJT教育はもとよりITやメカトロニクスの技術の研修、即ちOFFJTを計画的に実施し、ベテラン社員から若手社員へ高度な製造技術と製造ノウハウの伝承に努めています。

ISOのさらなる活用

   当社は2001年にISO14001(環境)、2002年にISO9001(品質)の認証を取得し、現在では、課題の解決から水平展開までの品質上の改善サイクルのみならず、日常業務の業務品質にまで展開して、常に、顧客満足と社会貢献を目指して活動を展開しています。管理部門である総務部や経理部からも、利用者(乗客)の立場に立った提言を積極的に行い、全社的に環境と品質の向上に取組んでいます。

ページトップ