事業内容

  1. トップページ
  2. 事業内容
  3. 品質・納期管理

品質・納期管理

品質管理

   当社グループで仕入する原材料の品質につきまして仕入先との「取引基本契約書」に基づいて納入仕様書及び製作図面を取り交わすことで、リピート品は、無検査受入を実施しております。

組付途上又は動作検査等で不具合が発見されたものは、その原因により社内品質基準の「品質監視指定部品」のランクを当社品質保証部より指定され、以後の発注時に識別され、納品時には品質保証部の受入検査を受ける仕組みとなっております。
受入検査又は組立途上で不良等が発見された場合は、不具合対応処理として「改善シート」(社内苦情を顕在化し、再発防止するための報告書)が発行され、下記の項目を仕入先から回答させて是正処置を行うようにしております。
  1. (1)不具合品に対してとった処置
  2. (2)発生原因
  3. (3)再発防止を確実にするための処置の必要性の評価
当社グループでは月1回、代表取締役社長及び各部署で選任された委員が参加する「品質改善委員会」を品質保証部が開催しております。この「品質改善委員会」は、社内の品質改善指導、不具合対応及び「改善シート」の回収状況を確認し、問題点の洗出しと対策の確認及び仕入先の品質改善を図ることを目的に活動しております。

納期管理

生産管理部で作成する生産予定表の各受注項目に手配状況並びに出荷納期を記載し生産進捗管理を行い、部材支給予定日には納品状態を確認し、未納品の仕入先に対して管理指導をしております。
納期の遅延及び納入数の変更(分割納入)等が生じる場合は、関係部署に確認を取り日程の調整を行っております。
毎月1回、営業部主催で、技術部及び生産管理部による「生産調整会議」を開催し、技術部の設計進捗状況と生産管理部の生産状況を確認し、営業部との納期確認と調整を行い管理しております。生産管理部は、生産予定表に受注項目とともに標準品の見込み生産を行っており、営業部からの製作指示を受けるたびに引当残数を確認し納期の遅延が起らないようにしております。また、受注状況も一目で管理できるよう生産計画を明確にして、生産状況と生産能力を踏まえて納期調整を受注の段階で行えるようにしております。
仕入先及び外注先に対しては、毎月月初に、当社生産管理部及び仕入先の担当者が参加する「生産計画連絡会」を生産管理部が主催し、主要な仕入先に受注の状況、生産日程及び今後の生産予定を説明し、長納期品等の調達遅れを防止するための情報伝達を行っております。
「生産計画連絡会」では、生産管理部が仕入先及び外注先に対して受注状況、納期遅延情報、品質不良についての状況等を、添付資料として配布し、説明するとともに、必要に応じて品質保証部が品質指導、教育訓練を行っております。

ページトップ