技術開発

PRINT

技術部門はメカ(機構設計)、エレキ(回路設計)、ソフト(プログラム設計及び検証)からなり、開発においては各分野の担当者が共同で携わる体制を構築しております。技術部門の関連スタッフは当社グループの約半数を占め、研究開発型企業にふさわしい陣容となっています。
製品開発においてはメカ・エレキ・ソフトの各分野の担当スタッフが共同で開発に携わりながら、基本構想から設計、レビュー、テスト、動作検証、納入確認まで社内で一貫して行っております。また、新規性の高い案件についても、各部門や協力会社とも連携して新製品開発を進めております。
加えて、当社グループにおいては、運賃箱をはじめとする運賃収受関連の関連技術だけでなく、液晶運賃表示器や音声合成放送装置などを主軸とした情報機器関連の技術や、交通系インフラ案件、ETC関連開発案件などのシステム開発関連の技術などを保有しております。各設計部門が有する開発技術・ノウハウを結集し、シナジー効果を最大限に発揮することで、各交通機関の利便性をより高める製品・サービスの創出を可能としております。