キャッシュレス運賃収受対応タブレット端末「SELF」

PRINT

日本初!Visaのタッチ決済のバス車内システム

特徴

  • 多様なキャッシュレス決済方法に対応
  • Wi-Fi環境があれば、どこでも使用可能
  • バス車内だけでなく、販売窓口に設置することも可能
  • アプリ搭載・改修により機能追加が可能
  •  他車載機と連動しないため、単独で導入可能

本体

表示画面 8.4インチ
重量 約570g
取扱可能キャッシュレス決済

「Visaのタッチ決済」「PayPay」「ALIPAY」「LINE Pay」「楽天ペイ」

 ※各種決済ブランド順次拡大予定 

他車載機と連動しないため、単独で導入可能

導入負担の少ないシステム

  • お客さまご自身での操作・決済により、運行中の運転手さまの操作不要
  • 「標準的なバス情報フォーマット」GTFS-JPデータを活用し、 データ管理負担を軽減
  •  タブレット端末のGPSを用いて、 停留所位置を自動判定
  •  タブレット端末のバッテリー運用であれば、車両電源工事不要
  •  マイクロバスから大型バスまで設置可能

拡張性の高いタブレット端末をコアにしたシステム

アプリの追加や改修で高い拡張性を実現

    拡張予定機能

  • 事前決済(デジタルチケット・MaaSアプリ)
  • 予約システムとの連動
  •  GTFS-RTへの対応
  •  バスロケ機能
  •  決済ブランドの拡充
  •  自治体向けパッケージ

ご利用例

茨城交通様:高速バス「勝田・東海ー東京線」決済動画